このblogについて
COMICALIZE
RED GARDEN DIARIES


アニメ「RED GARDEN」のコミック版"作画担当"綾村切人と"衣装デザイン担当"ぴのこの二人でつらつらと「RED GARDEN」について綴ってゆくダイアリィズ。
コミック版もあるんですよーとアピィルしていけたらよいです。


死というガラスケェスに閉じ込められた 少女5人が生きたいともがく!

死の匂いに群がる幾億の蝶に誘われ
少女達はどこへ往くのか・・・


RED GARDEN


そこにいるのはだぁれ?

ABOUT
CATEGORIES
RECENT COMMENT
SEARCH THIS SITE.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
新連載開始です。
 本日よりPS2ゲーム「葛葉ライドウ」のコミカライズ作品「葛葉ライドウ対コドクノマレビト」の新連載がファミ通ドットコムにて始まります。

http://www.famitsu.com/b_comic_re/se_raidou/

http://www.famitsu.com/b_comic_re/

時は大正20年。日常の影に潜む妖なる存在から帝都を護る者たちがいた――。鳴海探偵社に身を寄せる若きデビルサマナー、十四代目葛葉ライドウもそのひとり。帝都に起こる奇妙な事件を解決していくライドウたちの周辺に、やがて畏怖すべき存在が迫り来る……。

無料でのweb公開となっていますのでどうぞご気軽にお読みくださいね。

レッドガーデンとは打って変わって舞台は日本! 内容も非なるものですがどこか通ずるものがあるのではないかと僕は思っています。
レッドガーデンファンの方にも読んでいただければ幸いです。
実際レッドガーデンも葛葉ライドウも好き!って人がいたら僕と握手だ。

これからはこちらのブログにていろいろ書いていこうと思っていますので興味がある方は覗いてみてくださいね。まだ何も書いてないですけど・・・。

http://ayakiriraidoh.jugem.jp/

それではまた頑張っていきますので応援よろしくお願いします♪

お知らせ / comments(69) / - /
お久しぶりです。綾村です。
こんにちは。お元気ですか?
ここのブログは基本的に終了していますが近況報告をさせていただきたいと思います。

僕は今日新連載の第一話を入稿しました。
作品の名はまだ明かせませんが近々発表になると思います。

次回作も、とある作品のコミカライズです。レッドガーデンとはまたまったく違うものになると思いますが非常に僕に合った作品だと思っています。
ここのブログを見てくれている方達の好みに合うかどうかわかりませんが、一体何のコミカライズ作品になるのか想像しながら楽しみにしていてきただけたら嬉しいです。

それではまた発表の際はこちらでお知らせさせていただきますね。
 
お知らせ / comments(0) / - /
RED GARDEN4巻本日発売!
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


こんにちは綾村です。

アニメ版に先がけスタートしたコミック版も2年と半年を経て連載終了。本日発売の4巻を持って円満完結となりました。パチパチパチ。

ケイト達の日々をこうして無事4冊の単行本にまとめられたのはひとえに読者の皆様の応援のお蔭です。本当にありがとうございました。
コメントや拍手で励ましてくださった方達もとても感謝しています。何度助けてもらえたかわかりません。
最終巻でまた何か思うことありましたらよければ聞かせてくださいね。

これにてレッドガーデン関係の仕事はすべて終了しましたが、連載させていただいたコミックバーズが今月でリニューアルするとの事で作家さん全員のサイン色紙プレゼント企画をします。
綾村は先月で連載終了しましたがケイトの絵を一枚描かせていただきました。よかったら見てみてくださいね。
コミックバーズは今月末28日発売となっています。

さて、このブログですが、レッドガーデンとタイトルについている以上今回の記事にて一先ず停止とさせていただきますが、次回作が決まり次第またここでお知らせさせていただくと思います。レッドガーデンとは異なる作品となるかもしれませんが興味がありましたらまた、フと思い出した時にでものぞいてやってください。

最後に。
僕は最初、執筆にあたってケイト達にうまく感情移入ができませんでした。
「ある日突然死を言い渡され生きることを条件に化け物との戦いを強要される。」
僕なら、きっと死を選んでしまうかもしれないと思うからです。彼女達がそこまでして戦う理由はなんなのか? そこが僕にはわかりませんでした。

でもそこがこの作品のテーマだったんですよね。
「戦うこと」は「生きること」に置き換えられます。どちらも自らの手で結果を出していかなくてはならないからです。

僕は若い頃、日々をぼんやりと過ごしてきた経験があります。
すべてのことが退屈に思えて、周りの人達は何が楽しくて生きているんだろうなどと考えていました(中二病?w)。だけど、その思いとは裏腹に何かを探していました。

レッドガーデン執筆中にその頃の事を思い出しました。
「ケイト達も探しているんだ。」とその時気付いたんです。「ケイト達は何を探しているんだろう?」そう思った時に僕はすでに彼女達に感情移入していました。
そして僕も改めて何かを探し始めたのです。

探し物とは何か? 
それはとても困難な道の先にあるのか。それともそこらへんの道端に転がっているものなのか。

ケイト達が不条理な状況下で化け物と戦ってまで探し続けたものは見つけられたのか、それは彼女達にしかわからないことですが彼女達の表情から僕達が勝手に想像するのは許される事ですよね。

それでは皆様最後までお付き合い本当にありがとうございました!



お知らせ / comments(13) / - /
最終話入稿しました。
こんにちは。
レッドガーデン最終話無事入稿できました。最終話は今月の30日発売の月刊コミックバーズにて掲載になります。
よろしくお願いします。

レッドガーデンとは関係ない話なんですが昨日は友人に誘われて集英社の新年会パーティーに行ってきました。
作家さんや出版業界人が集まってビンゴとかするアレです。
会場大きくてビュッフェ形式の料理も豪華でドキドキ。


適当に料理を皿に取り食事を堪能しながら知ってる作家さんがいないか会場をうろうろするもみつけられず。

ちなみにビンゴはまるでダメでしたッ。大きなテレビとかぶるーれいでぃすくぷれいやーとかいろいろみんなもらってたよ。あいぽっどとかね。

そんな中、新年会には毎年荒木飛呂彦先生が来られるという噂を聞きこれは是非ともご尊顔を拝ませてもらわねばと一目を気にせず徘徊。
荒木飛呂彦先生をご存知でない方は少ないと思いますが一応説明させていただくと週刊少年ジャンプにて永きに渡り「ジョジョの奇妙な冒険」を連載した漫画家なら尊敬せざるを得ない生き神様なのです。

うろつけど荒木先生はみつけられず。
この広い会場内で探すのは砂の中に落とした針を探すようなものなのか。

そしてパーティーも終わろうという頃、諦めかけていた綾村はとうとう荒木先生本体とエンカウントを果たす!

波紋使いのリサリサ先生のごとく、幼少の頃に見た写真とまるで変わることのない若々しい荒木先生が貴族的笑みを浮かべてそこにいました。

満たされた! 僕はこの先どんな不幸が訪れようとも今日この会場へ来た事を後悔する事はないでしょう。
そう思い帰ろうとした時フと気付きました。荒木先生が気さくに話している相手は始終ペコペコしている様子。

ハッ!

『もしや話している相手はただの1ファン!? 僕と同じ1ファン? つまり! 僕も荒木先生と話せる!?』

ヤバイよ。凄い事気付いちゃったよ。三段論法ガッチリ決まっちゃったよ。
とんでもない野望だよ。神と接触するなんて人知を超えた野望だよ。

そう思いながら荒木先生の話し相手の背後をピッタリとキープ。
そして、隙を見て名刺をもらってくださいとお願いしたね僕は。よくやった。

そしたら「名刺もうみんな配っちゃったんだよね〜」と言いながらカードケースをチェックする荒木先生。
そんな滅相もない名刺をもらっていただけるだけで僕は幸せですと思ってたら「あった、一枚だけ残ってた」となんと名刺をいただけてしまったのでした

帰ったら即袋に詰めて僕の家宝とさせていただきました。拝


その後荒木先生は2次会にも降臨され誰から構わず気さくに話すあまりの紳士ッぷりにあらゆる場所で黄色い声が上がっておりましたよ。
現代日本に於いてここまでカリスマ性を帯びた方が他にいるでしょうか。作品・人格・ファッションセンス・ライフスタイルすべてが完璧。
まさに精神的貴族に位置する方でした。
なんだかとてつもないエネルギーをもらえた気がします。

僕は正直レッドガーデンの連載中ずっと悩んでいました。初めての連載でいろいろたくさんのことが一部だけど見えました。できること。できないこと。しなくてはならないこと。
自分は漫画家を続けるべきなのか。そんなことを考える事もありました。

だけど今回の新年会で他のたくさんの素晴らしい作品を世に送っている作家さん達との出会いはとても励みになり、加えて作家さんや編集さんの中にも何人か僕の事を知ってくれている人達がいて改めてコツコツとやってきたことは無駄ではなかったと認識できたことが何より嬉しかったのでした。

レッドガーデンも今月発売のバーズにて完結を迎え、今年は僕にとっても区切りのよい年になりそうです。
まだまだ拙い部分もありますが少しずつ補いながらよい作品を作っていけたらと思っています。

レッドガーデン4巻は2月24日発売になるようです。相変わらず早いw。
だけど今月中に単行本作業を終らせないといけないので遊んでばかりもいられませんw。今からがんばるぞー。

ちなみに下のはパーティー用に急遽自作した名刺w。
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


お知らせ / comments(3) / - /
<綾村> もう12月だよ・・・。
こんにちは。
昨日レッドガーデン29話を入稿しました。

実は年末進行により〆切が3日縮んでいてちょっとバタバタしていました。
年末進行ってご存知ですか? 年末は印刷所がお休みになるため予定が前倒しになるわけです。
3日も縮むってありえないんですけどw。
レッドガーデンの連載を始めてから実に3度目の年末進行を体験。漫画家はクリスマスでも正月でもなく年末進行によって一年を振り返るのだなあと思いましたw。
とにかく無事入稿できてよかったです。

さて、ひとつお知らせですが、コミック版レッドガーデンは1月発売のコミックバーズ掲載の30話にて完結となります。丁度2年と半年ですね。
長かったような短かったような、いろんな思いもありますが今ここで語ってしまうと連載終了後に書く事がなくなるのでこの辺にしておきますw。

単行本4巻に関してはまだ明確な事は言えませんが恐らく2月あたり・・・になるのではないかと・・・。などと前もフライング告知して皆さんをガッカリさせた気がするので黙っておきます・・・。
また改めてここで告知しますね。
アクセス解析を見てみたらレッドガーデン4巻という検索キーワードが増えてきていて、なんだか申し訳なく思ってます。でも待ってくれている方がいてくれるのがとても嬉しいです。

最後まで頑張りますのでよろしくお願いしますね。

お知らせ / comments(8) / - /
<綾村> 夏の終わり。
こんにちは綾村です。
過ごしやすい季節になってきましたね。
もう九月も後半。早いものです。
僕は昨日26話目の入稿を終え久々にケイトのラクガキをしました。
夏っぽい爽やかなケイトさんです。

夏も終ると言っているのにあえて夏でw。
クリックすると大きい絵が出ます。

それとお詫びなんですが、前の日記で10月あたりに単行本が出るかもということを言いましたがもうしばらくかかりそうです。
変に期待させてしまって申し訳ありませんでした。
きちんと連絡できるようになったら再びこのブログでお知らせしたいと思います。
その際はどうかよろしくお願いします。
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


絵・ラクガキ / comments(3) / - /
<綾村> ほったらかしになっていてゴメンなさい。
毎日のようにブログをチェックしてくれてる方には本当に申し訳ない思いです。

ちゃんと連載は続いています。僕にとっても大事な作品なので最後までがんばりますのでこれからもよろしくお願いします。

今月24話を入稿しました。丁度二年なんですよね。時間が経つのは早いものです。
アニメが終わって1年以上w。
アニメ版は定期的に見直しているんですが今日もまた見直していました。
見るたびにキャラへの気持ちが強くなってきていて最終回あたりを見るとなんともいえない思いになりますw。
この思いがうまく漫画に伝わっていたらいいなって思っています。

大まかな予定ですが4巻は10月頃になると思います。まだまだ先で本当に申し訳ないですがちゃんとした予定が決まり次第新たにお知らせしたいと思いますのでお待ちくださいね。

ところで「紅」も終了してしまいましたね。1クールでしたがとても印象に残るよいアニメでした。徹底したキャラ描写はとても勉強になります。
それにしても松尾監督の仕事量はすごかったですねw。ほとんどの話の監督・脚本・コンテをやっていたような?w
スタッフの方々も本当にお疲れ様でした。次回作も楽しみにしています。

お知らせ / comments(2) / - /
クローバーフィールド観てきたよ。
洋画です。舞台がred gardenと同じマンハッタンだったので紹介。
公式HP
http://www.04-05.jp/
全篇ハンディカムで撮られた映像は臨場感があって楽しいですよ。
自由の女神の首が飛んだりブルックリンブリッジが真っ二つになったりエンパイアステートビルが崩れ落ちたりワクワクが止まりませんw。
ケイトとエルヴェがデートにいったコニーアイランドも少し出てきますよ♪

ちょっと前にやってた「アイアムレジェンド」っていう映画も舞台がマンハッタンでこれまたブルックリンブリッジが真っ二つになったり五番街が草原になってて主人公が鹿の群れを車で追って狩りしたり、セントラルパークで野菜の栽培したりといろいろ楽しかったなw。

漫画描くのにちまちま資料集めてたから、映画で知ってる背景が出てくるとなんだか嬉しくなっちゃうねッw。

ちなみにred gardenに登場したルーズベルト島に渡るための乗り物トラムは漫画の中でもネタにしたけど「スパイダーマン」とか、有名なのでは「レオン」が最後のシーンでマチルダが孤児院に行くのに使ったり、邦画「仄暗い水の底から」のリメイク「ダークウォーター」なんかに出てきています。「ダークウォーター」はルーズベルト島が舞台なんですよ。興味があったら是非観てみてくださいね。
シネマ・DVD / comments(1) / - /
紅!
ご無沙汰してます!
ちゃんと連載してますよ〜!
二日前に22話を入稿したばかりです。まだまだがんばりますよー!

ところで皆様「紅」観てますか? 松尾衡監督の新作アニメ! 
僕は欠かさず観てます! おっもしろいですね〜♪ まさにred gardenを観るような演出に毎回ワクワクが止まりませんよ。
キャラクターも魅力的ですね。石井久美さんのキャラデザは本当にいいですね。声優さんの生っぽい演技と合わさってどのキャラも一瞬で好きになりました。ちなみに一番好きなキャラは闇絵さんで次に弥生さんかな? どちらも綾村さんのもろタイプです。
紫さんも素晴らしいですね。世のロリファン&ロリクリエイターに対する挑戦だと感じましたw。
そしてやっぱり藤純さんの衣装デザインも欠かせませんね。オサレだな〜♪ 紫さんの縞々タイツはどう考えても反則ですよ。
ちなみに藤純さん九鳳院家の襖絵も描いているらしいですよッ。

ところで五月雨荘ってめぞん一刻のパロディなんですかね? 闇絵さんとか四ツ谷さん的キャラですよね。
アニメ版紅は妙に五月雨荘の描写が多いし、これは紅の世界でめぞん一刻をしようとしてるってことなんでしょうか。それって楽しすぎますねえ♪
このアニメって1クールなんですね。12話! もう半分も終わってしまいましたがこの先どうなるんでしょうか?
とにかく1クールでこのゆったりしたテンポは凄いですね。
6話は特筆すべきものでしょうw。ミュージカル! 松尾監督脚本演出完全オリジナルというあまりに贅沢な回w。キャラが異様なほど動き回りテンポも良くて本当に楽しい回でした。
この回で一番笑ったのが夕乃のド音痴を環がドン引きして「ヤベえ・・・マジヤベえ・・・。」ってセリフを吐いたとこだったんですが、このセリフ前にもどっかで聞いた事あるなーって思っててこないだフと思い出しました。レッドガーデンのドラマCDでサムのTシャツにルークがドン引きして言ったセリフも確か「ヤベえ・・・マジヤベえ・・・。」だったはずw。
いいなあこの引きツッコミw。
7話もかなりレッドガーデン的でいいですね。男がとにかく弱いwww。強い男が一人も出てこないとか凄すぎますねw。

レッドガーデンファンへのサービス満点な紅を綾村さんはこれからも応援していきますよー!
DVDも買います!買いますとも!
あ、DVDと言えば今日7話観ててあれ?って思ったんですけどDVDのCMでお風呂に浸かっているヴァージョンの方に松尾監督密かに外人に混ざってませんでした?w
気の・・・せい? 


戯言 / comments(2) / - /
<綾村> 3月24日「red garden」3巻発売。
放置状態ですみません汗。
単行本作業のしわ寄せもなんとか抜けられました。
そうしている間に3巻の発売日が目の前に迫ってきましたッ。3月24日月曜日になっています。
これが表紙の一部。

表紙は今までのとは少し違う雰囲気になったと思います。是非本屋さんで見てみてくださいね!
よろしくお願いします♪

ところで松尾衡監督の新作「紅」ももうそろそろですね。大阪は4月5日か。
http://www.samidareso.com/
公式サイトも賑やかになってきました。
放映が楽しみです。
Check
お知らせ / comments(8) / - /
/ 1/5PAGES / >>